浦和にある当院はつらい痛みや症状も改善する女性に人気の整体院です!

プリファレンス カイロプラクティック浦和


妊娠中の腰痛

ninsin-yotu.jpg妊娠中に腰痛を感じる方が多くいらっしゃると思います。実に3人に1人は妊娠により腰痛を発症していると言われています。単に体重の変化だけではなくホルモンによる影響により腰痛を引き起こしている場合もございます。

妊娠中の腰痛を感じる女性のカラダの変化

①腹部の膨らみによる腹筋の機能低下。
②胎児の成長に伴い重心が変わり、腰椎の前弯(反り腰)が強くなる。
③卵巣・子宮・胎盤から放出される女性ホルモン「リラキシン」の作用により、靭帯の支持性の低下による腰部・骨盤周囲の筋肉への負担増。

妊娠中の腰痛は、妊娠中期から後期にかけて起こりやすいです。これは赤ちゃんの成長に伴って、重心が変化し腰椎や腰仙部に負荷が高まることが主な理由です。体重も増えてきますので、カラダを支えている筋肉や関節、椎間板にもストレスが高まり、腰痛を引き起こします。特に妊娠後期にはリラキシンの放出が増え、靭帯の支持性も低下し、より骨盤周囲の筋肉や関節にストレスが高まります。

リラキシンの作用

リラキシンには重要な作用があります。それは靭帯や関節を緩め、妊娠時には赤ちゃんの受け皿になるように骨盤を広げます。また、出産時には骨盤に柔軟性をもたらし、赤ちゃんが通りやすく産道を広げます。

妊娠中の腰痛へのカイロプラクティックの有効性

「妊娠中なので他院で断られた」「妊娠中の腰痛をどこもみてくれない」という声をよく耳にします。妊娠中の女性は身体的に様々な変化が起こります。精神的にもデリケートな時期でしょう。考えうる様々な変化を考慮しながら施術に当たらせていただきます。近年では妊娠時のカイロプラクティックの施術で出産時間の軽減の研究報告もございます。妊娠時に妊婦にかかるカラダの負担は非常に大きいものです。骨盤の歪みは長時間の分娩へのリスクにもなります。また骨盤の歪みは出産後の体型の崩れにもつながります。
 
プリファレンスカイロプラクティック浦和では、妊娠中でもカイロプラクティックの施術がお受けできます。これは国際基準のカイロプラクティックを学び、医学的な知識、経験、施術技術がなければ行えません。そのため限られた治療院でしか妊婦さんは受け入れてもらえないのです。当院には近隣の産婦人科に通院されています多くの妊婦さんが来院されております。使用しているカイロベッドも妊娠中の方(妊娠中期から後期)にも対応できるカイロプラクティック専用台です。施術は必ず初めに問診、検査を行ないます。その後、説明、施術となりますのでご安心ください。骨盤・脊柱・筋肉の調整を行ない、カラダにかかる負担を最小限にしましょう。

プリファレンス カイロプラクティック浦和のご案内

住      所:
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-2-7 イチカワビル2F
アクセス:
JR京浜東北線、高崎線、宇都宮線、湘南新宿ライン、浦和駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
048-762-7007
営業時間:
平日/10:00~21:00
土日/10:00~18:00
定休日:
火曜日、祝祭日(土日の祝祭日は営業)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ